2020年11月18日

ツーリズムEXPOジャパン 旅の祭典in沖縄

みなさんこんにちは。


先日、沖縄コンベンションセンターならびに周辺施設で開催された

『ツーリズムEXPOジャパン 旅の祭典in沖縄』の現場に行ってきました。


コロナ禍になってから久しぶりの出張です。

ちなみに私は沖縄コンベンションセンターの横にある宜野湾市立多目的運動場の出展ブースを担当させていただきました。

CRBF8551.jpg


本来はフットサルなどができるスポーツ施設なので、人工芝の上にポーターフロアを敷いています。

展示会場の床として使用するのは比較的珍しいのではないかと思いました。

施設情報はこちら

https://www.sports-commission.okinawa/sports-facility/s-31513/

NRTJ5404.jpg

こちらが沖縄コンベンションセンター展示棟

EUFR3195.jpg


クライアントの皆さま、協力会社の皆さまのおかげで

今回も無事会期を迎えることができました。本当にありがとうございました。


はやくコロナが終息してまたプライベートでも来れるようになるといいなー

それではまた!

BYFT7804.jpg

EFRG5915.jpg

BXUO3652.jpg


posted by ボックス・ワン at 12:46| Comment(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

9月、大阪出張!

こんにちは。営業部の金澤です。


先日、インテックス大阪で開催された関西PV EXPO2020

現場に行ってまいりました。


入社2年目の私にとってはこれが初出張!

、、、ですが、仕事とはいえコロナ禍の長距離移動。

ガラガラに空いた新幹線にやたらと緊張感が高まりました。




台風通過による熱風が吹き荒れる中、設営スタート!


もちろん作業員も全員検温必須、作業中もマスク着用です。

覚悟はしていましたが、真夏日のマスクは本当に暑かった…!


設営中、会場中の自動販売機からスポーツドリンクが売り切れてしまい地獄を見ました。

例年夏に比べても争奪戦だったようです。






コロナウイルス感染症対策として、会場には見慣れないものもちらほら。


設営中はホール内にも消毒用アルコールがしっかり設置してありました。



会期中は入口にて検温



シャッターは半開で換気もばっちりです





ボックスワンでもコロナ対策喚起としてバッジとステッカーを制作しました。

↑「BOX1」のロゴが感染症対策イラストになっています!

HPのトップ画面から是非よくご覧になってください^^


スタッフはバッジ着用、ヘルメットにはステッカーをしっかり貼って現場に臨みました!





そして最も気がかりなのは来場者数でしたが、、、

会期中は予想以上ににぎわい、業界も徐々に戻りつつあると感じました!




コロナが収束とはなかなかいかない現状ではあるものの、

対策を講じることで展示会が再び開催できる喜びをより一層感じた現場でした。




また来られますように!



posted by ボックス・ワン at 09:31| Comment(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

「ユーロショップ2020」視察に参加してきました! その2

皆さんこんにちは。
企画部の伊藤です

「ユーロショップ2020視察ツアー」のレポート 第二弾です。

R0005936-2.jpg

今回のユーロショップ視察ツアーに参加するにあたり、いくつか目的がありました。それは、日本国内とは違う展示会の雰囲気や新しいブース装飾のアイディア、デザインへの意識の違い、展示会業界のトレンドや潮流といったものを感じることです。

IMGP2093-2.jpg

日本の展示会業界では一般的な、木工造作に表具仕上げという従来からのブース施工手法に代わる、より効率的な施工性や経済性、環境にやさしい持続性といった観点からも新しい知見が得られれば良いなと思っていました。
また、普段は社内で業務を行うことが多く、同世代の同業他社の方々とコミュニケーションをとる良い機会であるというのも、ツアーに参加した目的のひとつです。


R0005809-2.jpg

普段、通路からの視認性であるとか解放感を重視するブースデザインを求められることが多いので、極端に閉鎖された空間作りや、招待客のみと商談するための場と捉えている出展社が少なくないことに驚かされました。

R0006022-2.jpg

また、ひとつのブースをデザインするにあたり、世界観の構築に対しての意識を重視する出展者が多いことにデザイナーとして勇気をもらえた気がします。

R0006036-2.jpg

シンプルな構造で壁と商談しか存在しないような空間であっても、使われている部材が高価なものや特殊加工されたものだったりと、日本では考えられないようなブースがあるかと思えば、逆に、凄くデザイン意識が高いブースでありながら、近くで観察してみると細かな仕上げがラフなものもあったりして、出展者の求める施工管理のクオリティの点で日本と違う部分もあるんだなと感じさせられました。


IMGP2104-2.jpg

オクタノルム社の部材を取り扱っているボックス・ワンとしては、今回のユーロショップでお披露目されたオクタノルム社の新カタログは気になります。

IMGP2266-2.jpg

サイズの大きな筒状の行灯サインや、アルミフレームにファブリックを取り付けて自立の壁面とするようなものなどは、そのまま日本の展示会にも導入できるのではないかと思います。

IMGP2122-2.jpg

また、アルミフレーム部材の生成をCADデータから行えるようになったとのことで、今までではできなかったような複雑な形状、R曲線を多用した形状、極端に鋭角的なデザインの
形状もブース造作に取り入れることが可能になっていきそうで、非常に将来性を感じました。


新型コロナウイルスの影響で展示会の中止・延期の知らせが舞い込む昨今ですが、早く日常が戻って、視察ツアーで得た知見を活かしていけたらなと思う毎日です。

それでは、また。

posted by ボックス・ワン at 10:21| Comment(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする