2017年06月16日

OSPI in Routes Asia & interpets

皆さんこんにちは。
営業4課の吉田です。

今回は、当ブログでも以前紹介させていただいた
「OSPI」の活動について、少しお話ししたいと思います。

ところで、OSPIって何か、覚えてますか?

Octanorm Service Partner Internationalの略で、
弊社が使用しているシステム部材の製造元、
ドイツのOCTANROM社(通称:オクタ)が運営している国際的な「制作会社のネットワーク」になります。

logo.jpg

そのネットワークを利用して私たちは、
メンバー間で情報交換をしたり
あるいは「ローカルサプライヤー」として、お互いに信用して業務依頼を行っています。




3月19日〜21日、
「Routes Asia 2017」という、航空路線の商談会が沖縄コンベンションセンターで開催されました。


iriguchi.jpg
zentai fuukei.jpg


このRoutes Asiaでは、
オーストラリアのOSPIパートナー」、exponetより
exponet_logo.png

■ブリスベン国際空港ブース
brisbane.jpg

■オーストラリア政府観光局ブース
australia.jpg

上記2ブース、依頼いただきました。


勘の良い方は、お気づきかと思いますが、
「オクタ」のネットワークなのに、システムはただの一つも使用してないんですね。全て木工です。

私もなんとなく「システムの依頼が多いのかな?」と先入観があったので、不思議だったのですが、
そういった縛りみたいなものは、特にないですね。
その時の状況や効果に応じたマテリアルをパートナーは自由に選択しております。




つづきまして、3月29日〜4月1日まで開催された
メサゴ・メッセフランクフルト鰍ウん主催のinterpets 2017 にて
!cid_216580-2201743121314966570@13071999.jpg
ドイツのOSPIパートナーKlaus Lünnemann GmbHから依頼いただいたanimondaブースです。

animonda.jpg

こちらは木工、MAXIMA LIGHT、テンションファブリックなどで構成されており、
先程のRoutes Asia より オクタの香りが少し感じられます。

担当のMarcoさんからはオクタの部材品番などで指定されることもあり、
やはりドイツといったところでしょうか。他国に比べてシステムに精通されております。



今回はオーストラリアとドイツのパートナー案件を簡単に紹介させていただきましたが、
次回はまた違った切り口でOSPIパートナーや海外出展者のお話しをしていければと思っております。



異国での展示会出展やブース制作は、やはり不安なものです。
少しでも知っている人、信頼できる会社に頼みたいですよね。

OSPIは、習慣や言語といった障害を緩和し、
人とモノを結びつける国際的なネットワークとなっています。

ハードルの高い海外出展が少しでも下がるよう、
また海外より気軽に日本の展示会に参加して頂けるよう、
私たちも努力していきたいと思います。



追伸
来年の Routes Asia ですが、ブリスベンがホストシティです。
オーストラリアのOSPIパートナーが皆様からのご用命をお待ちしております。
それでは。 Next Routes !!

next routes.jpg


posted by ボックス・ワン at 10:10| Comment(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

FIS開設・シンガポール視察ツアー

さてこの時期はジャパンショップやユーロショップなどとブログネタが多くブログを更新してもすぐに別のブログに更新されやすい時期です。多少間をおいてからこの記事を書くこうと思ってたらいつ間にか3週間ほどたってしまいました。ということで先日のシンガポール出張の話題からです。
 ジャパンショップもまじかの3月1日にFIS(フジヤインターナショナルシンガポール)オフィスの開設に伴いシンガポールに出張に行ってまいりました。私にとってもシンガポールは今回が初めての旅先です。
 まずはツアー参加者を紹介します。                                        
                        
                                                                   
                                                                                                                         IMG_2412 (480x640) (371x616).jpg
                                                                                                                                   
                                                                                                                                                                                        
 うーん、結構な人数ですね。
 関東関西のフジヤ会の協力業者さんとフジヤの役員・社員含めて総勢約50名の大所帯です。
 
 さて、3月1日の晩に現地に着き、翌日は昼からFIS事務所訪問、その後は空港近くの展示会場やMICE会場の見学。そして締めっくりはFIS開所式と記念パーティーへと続きます。
まずは今回新たに開設したフジヤさんのシンガポールの現地法人を紹介いたします。
                                                                                                                      
IMG_2426 (800x600) (640x480) (400x300).jpg
                                                                                                                                                                                           
泊まったホテルから二班に分かれ、それぞれ大型バスでFIS事務所に向かいました。地下鉄の駅のすぐ前にある大きなビルがそうです。このビルの6階に事務所があります。
 さっそく中に入ってみましょう。
                                                                                                                                                                                      
IMG_2417 (400x300).jpg
                                                                                                                                                                                          
 ここが事務所の入り口です。
                                                                                                                                                                                    
IMG_2419 (800x600) (640x480) (400x300).jpg
                                                                                                                                   
 そして事務所の中はこんな感じです。 デスクが3つのコンパクトなオフィスです。
 そして今回からここで働く社員の方を紹介いたします。
                                                                                                                           
IMG_2421 (640x479) (400x299).jpg
                                                                        
 向かって左から、松本社長、KELYNさん、そして中山さんです。
 松本さんは私とは30年来の付きあいがあり、お互い同様に元フジヤの社員です。 今は無くなってしまいましたがフジヤのグループ会社のシンガポール支店に駐在した経験があり、それがきっかけでそのまま23年間住み着いてしまいました。
 真ん中のKEILYNさんは現地で採用の方で今回初めてお会いしました。お土産のお菓子を渡したら喜んでいました。
 そして最後は注目のフジヤの東京の社員の中山さんです。本人の希望で面接を通り無事にシンガポール勤務が決まったようです。英語の腕前は未知数だそうです。
 今度、シンガポールで何か仕事がありましたら是非この事務所の中山さんや松本さんに直接連絡していっしょに仕事しましょう。
 FISのシンガポールオフィスの見学のあとは、バスで空港近くにある展示会場シンガポールEXPOを見学します。
 事前に展示会場の関係者とアポを取っていたので、会場内を案内させてもらいました。    
                                                                                       
IMG_2433 (800x600) (640x480) (400x300).jpg
                                                                                             
展示会場の中はどこも似たり寄ったりです。あまり面白くないですね。
                                                                                                                                   
IMG_2436 (800x600) (640x480) (400x300).jpg
                                                                                                                                  
 しかし一歩外へ出るとそこは赤道直下の国、高温多湿で3月の初旬でも、お昼の気温は30度近くあります。そして一年中ほとんど変わりありません。この会場は展示ホールが10ホールあり、それぞれ面積が1万uあるので合計で10万uあります。東京23区程度の小さな国なのに東京ビッグサイト(最近増えても96,000u)よりも大きな展示会場の面積があります。日本にくらべてもシンガポールは展示会はコンベンションなどの施設が充実しています。日本よりはるかに展示会先進国ですね。
 さて次はラッフルズシティの近くにあるあの有名なマーライオン像のある公園を見学します。
                                                                                                                              
IMG_2449 (640x480) (400x300).jpg
                                                                                                                                                        
 マーライオン像が口から水を吐いている先には2010年に開業したマリーナベイサンズが見えます。予定としては明日、空港に行き前に見学します。
 
 そしてラッフルズシティに戻りコンベンション施設を見学します。ここからは通りの向こう側にラッフルズホテルが見えます。
                                                                                                                                
IMG_2445 (640x480) (400x300).jpg
                                                                                                                                 
 歴史も古くかつては戦時中は日本軍の将校の宿泊施設になっていました。
 あの有名なカクテルのシンガポールスリングはここにあるロングバーが発祥の地です。
 さて時間になりましたのでこのビルの最上階にある地上220mのスカイスイートで行われるFISの開所パーティーに向かいます。大変眺めの良いところです。
                                                                                                                            
IMG_2471 (640x480) (400x300).jpg
                                                                                            
 日本から来た50名に現地のスタッフそして協力業者の方々含めて70名近い人数が集まりました。最初のFISの代表取締役になった松本さんからの挨拶そして、永田社長の挨拶があり、その後はテープカットに続きます。
                                                                                                                                                                                        
IMG_2475 (640x480) (400x300).jpg
                                                                                                                               
 普段は準備する側なのですが、今回はテープカップの主役なので少し居心地の悪さを感じている5人です。
向かって左からボックスツーの高橋社長、永田社長、松本社長、現地のxxさん、そして一番左が純光社の蓮沼社長です。
ちょっとテープの高さが低くないですかね。
 そして最終日です。この日はゴルフ組と観光組と半分に分かれます。ちなみに私は観光組です。
 ホテルから30分ぐらいのところにあるセントーサ島に行きます。手前の高台からロープウェイを使って島に渡ります。
ここにはユニバーサルスタジオ、マリンパーク、カジノなどがあるリゾートエリアとして多くの観光客で賑わっています。
 
 ここで昼食をみんな一緒にした後、私は4月に幕張メッセで行われるテクノフロンティアの出展者RECOM ASIA の事務所を訪問しました。ここからタクシーで15分です。1時間ほどYahuiさんという担当の女性と小間装飾の打ち合わせをしたあと、タクシーでマリーナベイサンズに向かいました。
                                                                                                                                                                                        
IMG_2504 (640x480) (400x300).jpg
                                                                                                                            
 今や観光名所としては欠かせないマリーナベイサンズです。下から見上げてもなかなか全貌がうまく捕えられません。地上200mのタワービルが3本立っておりその上には草履が載ったような展望台やレストランそして宿泊者しか使えないプールもあります。
                                                                                                                                                                                              
IMG_2507 (640x480) (400x300).jpg
                                                                                                                                                                                                      
 そして後を振り返るとそこにはジャングルの中にキノコの様な人工物が繁茂しています。キノコの近くにはつり橋のような通路が通っておりジャングルの周辺を散策できるようになっています。
 ここにはホテル、カジノ、劇場、ショッピングモールそしてコンベンション施設となんでもそろっています。実際展示会もやってたので、見学もしました。
                                                                                                                                                                                         
IMG_2518 (640x480) (400x300).jpg
                                                                                                                                                                                                                                           
せっかくなので有料のエレベータに乗り、屋上の展望フロアに行ってみました。 解りますか、、? 奥のほうにスイミングプールが見えています。ここに宿泊してなければ中に入る事が出来ません。
 さて2泊3日の忙しい旅をざっと振り返ってみましたが、いかかでしたか? 中には知った人もいたのではないでしょうか。
というわけで今回は常夏の国シンガポールに事務所を新設した株式会社フジヤさんに同行した視察ツアーでした。
                                                                                                                                                                                                                                               
posted by ボックス・ワン at 16:48| Comment(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

ジュネーヴモーターショー

昨日、「EURO SHOP」が開催されているドイツを後にしてスイスへやって来ました。
目的は、ジュネーブ国際空港と目と鼻の先にある「PALEXPO」という展示会場で本日から開催されている「ジュネーヴモーターショー」の視察です。
東京モーターショーは隔年開催ですが、このジュネーヴモーターショーは毎年開催され、今回で87回目を数える歴史ある展示会です。
ヨーロッパでの開催と聞くと、かなり広大な会場を想像してしまいますが、PALEXPOは東京モーターショーの開催される東京ビッグサイト程度で、世界的にはコンパクトな展示会場だそうです。

IMG_2621.JPG

とは言っても、写真でもわかるようにとても広々とした会場です。
なぜ広々と見えるかと言うと、東京モーターショーや日本のポピュラーな展示会とは違い、会場の中央部に位置する出展ブースの高さ制限が1.65m以下に抑えなければいけないという極端な装飾規定があるため、会場内を歩いても遠くのブースまで視界を確保することができるようになっているからなのです。

IMG_2587.JPG
IMG_2661.JPG

ブースの装飾や照明演出は、東京モーターショーよりシンプルでありながらも、効果的な演出がなされており、出品されている自動車がとても生き生きと映えています。
非常に洗練された、澄み切った素敵なモーターショーです!

今日はこれより宿泊先のローザンヌへ戻り、明日の帰国の準備を整えます。
posted by ボックス・ワン at 00:32| Comment(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする