2017年05月30日

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017

皆様、こんにちは。
A.Mと申します。初めての投稿になります。

さかのぼること約1カ月。
GW2日目にあたる5月4日、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017 LA DANCE 〜舞曲の祭典〜へ行って参りました。

会場手前の歩道から。
1.jpg

入口にて。
6.JPG

5.jpg

今回は、Aホールを目指します。
4.jpg

Aホールに到着!オーケストラの演奏を生で聴くのは中学校の課外学習で鑑賞して以来でしょうか。
6-02.JPG


しーんと静まり返った会場からは、高揚感と緊張感が伝わってきました。息を呑みじっと耳をすませると、次第に演奏に引き込まれていきます。

この日は計6曲を鑑賞。耳馴染みの「くるみ割り人形」が生で聴けたので大満足です。

によって表現がこうも違うのか〜と感動。
オーケストラを生で聴いて、
一人一人の音が糸のように折り重なって、一枚の綺麗な布を作り出すような印象を受けました。

オーケストラ鑑賞後は、7階へ移動。この日は晴天で、窓ガラスに差し込む光が反射して、建物の美しさが際立ってました。

7.jpg

8.JPG

7階のスポンサーラウンジで一休憩。
10.jpg

その後はお待ちかねの昼食です。建物の入り口には屋台や物販店が並んでおり、多くの人で賑わっていました。
私はローストビーフ丼をいただきました。柔らかいお肉に甘辛のタレ、美味!

11.jpg

同イベントは、5月4日から6日までの3日間開催。建物内・外の様々な場所でパフォーマンスやミュージカルが行われておりました。

12.jpg

13.jpg

9.JPG

穏やかな気持ちで過ごした1日でした。以上、A.Mでした。それでは、また次回!

posted by ボックス・ワン at 13:49| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

日本展示会協会セミナー

皆さん、お疲れ様です。
営業4課の神長で

最近は雪が降る日があったり、春の陽気の日
があったりと、
気候の変動が大きいくて疲れがたまり安い季節。。。

巷では、インフルエンザ(B型)が流行っているとのこと、
くれぐれも罹らないよう、うがい手洗い睡眠食事ですね

では、早速ですが、
先日参加させていただきましたセミナーについて、ご報告させていただきます。

こちらは、日本展示会協会[女性の活躍推進委員会]主催によるもので
タイトルは少し長いのですが、 
ひと踏ん張りできる言葉伝えます!「自分探し=私スタイルの見つけ方」
〜やめたくなる時もある、でも頑張ろうと思えることに出会える!セミナー〜
というもの。

今回のセミナーのお話をいただくまで
委員会の存在すら知らなかった為、名前のインパクトに圧倒されながらいざセミナーへ

会場は竹橋駅から直結しているパレスサイドビル内、
9階のマイナビルームにて行われました。
さすがに女性の〜というだけあり、会場にいるのはほぼ女性
そして、会場内には各所に花が飾られており、花の香りが立ち込めていました

セミナーは、講演が1時間、モニター形式のアンケーが1時間(参加者が手元のボタンを押すと正面に集計結果がでる)
その後交流会、となっており終始穏やかな雰囲気でした

講演でお話いただいたのは、渡辺めぐみさんという方で、
美容関係の展示会にいそうなキリッとした、パワフルな50代の女性でした。
講演の内容はさておき、人前で話す時の態度がとても堂々としており、
見ていて清々しく、元気をいただくことができました

モニター形式のアンケートでは、
セミナー参加者が110人程であること、女性が8割、20代が5割、30代が3割5分、
と参加者が答える度にその人数と割合(円グラフ)が表示されます。
質問事項の中で、今の会社は何社目ですか?といった内容では、
20代の方が多い為か、1社目が6割との回答で、思っていたよりも多いなと感じました。
また、アンケートの進行はHuman Delightの野田様と盛り上げ役としてゆず姉(お笑い芸人の人)がおり、
楽しく拝見しました

その後、部屋を移動しての交流会に参加しました。
ここではクリアすべきミッション、
この会にお誘いいただいたS.P.ビームスの永尾様に来たことをアピールしながら挨拶するを早々に終えて、一息

参加者は、名刺を名札にして付けているので、それを確認しながら、同業社を探します
山英さん、博展さん(委員会の方)、と名刺交換
どうやら交流会に残っていたのは、このくらいのようでした。

写真があまりありませんが、セミナー会場の様子を。。
3-IMG_6120.JPG


終わりに
毎日、その日の仕事に追われ、慌ただしく時間が過ぎて行ってしまうのですが、
今回のセミナーに参加することで、いつもと違う環境に接する機会を経て、少しリフレッシュしたように思いました
お声掛けいただき、ありがとうございました
続きを読む
posted by ボックス・ワン at 12:18| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

歴史的建造物写真紀行 その2

皆さんこんにちは。
企画部の伊藤です。


リオデジャネイロ・オリンピックの開会まであと60日を切りました。
各競技ともアジア予選や世界最終予選が行われ、出場権を獲得したり失ったりと悲喜こもごも。本大会に向けてだんだんと盛り上がってきました。
そして2020年の東京オリンピックまでもあと1500日強。
IOC総会でジャック・ロゲ会長(当時)が「TOKYO」の紙を手にしてから、良きにつけ悪しきにつけ様々なオリンピック関連のニュースが巷を賑わせています。


というわけで、「歴史的建造物写真紀行」の第二回はオリンピックを題材に取り上げてみたいと思います。


1964年の東京オリンピックから52年。今も東京の街にはその時のレガシーが多数残り、人々の暮らしに身近な物となっています。
第18回夏季オリンピックは東京の街にとってどういう意味をもつものだったのか、その時建てられた設備は東京の街をどう変えてきたのかを見てみることにしましょう。



まずは、国立霞ヶ丘陸上競技場
建設省関東地方建設局営繕部建築第一課設計 / 大成建設施工
開会式、閉会式、陸上競技会場

Box1Blog_Photo_160603-01.jpg

Box1Blog_Photo_160603-02.jpg


2010年の竹中工務店による改修計画の策定時に、基本構造部の老朽化や耐震設備の貧弱さ、コンクリート基礎の腐食等、かなりの経費がかかることが明らかとなり、それならばと当時招致を目指していた19年のラグビーW杯に向けて新設することが決まった国立競技場。
取り壊し工事はすでに終了、今は更地となっています。
国際コンペ〜ザハ・ハディド氏設計案の凍結〜再度のコンペ等、様々な紆余曲折を経て、隈健吾氏設計/大成建設施工による新国立競技場は、今年末の工事着工を目標に只今詳細設計作業が進められています。



続いて、国立代々木競技場 第一・第二体育館
丹下健三設計 / 清水建設・大林組施工
(第一)水泳、飛び込み、(第二)バスケットボール会場

Box1Blog_Photo_160603-03.jpg


内部に柱を持たず流線的なラインの釣り屋根を持つこの建物は、丹下健三氏の代表作とも言われています。
未だに多くの競技会やイベント、ライブ等で使用されていますが、2017年〜18年に耐震改修工事を行い、次回のオリンピックでもハンドボール会場となることが予定されています。



日本武道館
山田守設計 / 竹中工務店施工
柔道会場

Box1Blog_Photo_160603-04.jpg


法隆寺夢殿をモデルにした八角形の意匠で、富士山の稜線をモチーフとした大屋根、その屋根のトップには通称「大きな玉ねぎ」の擬宝珠が据え付けられ、日本伝統武道の聖地とされました。
1966年のザ・ビートルズ公演以降、多くのコンサート等でも使用され、武道館で公演を行うことが多くのアーティストにとって一つのステータスともなっています。
次回のオリンピックでも前回と同様に柔道会場として予定されています。



東京都体育館
体操会場

次回のオリンピックでも前回と同様に卓球会場として予定されています。



秩父宮ラグビー場
サッカー会場

こちらは東京オリンピック後に撤去・解体し、隣接する明治神宮野球場と場所を入れ替えて新ラグビー場を建設する計画となっています。



この他にも、重量挙げ会場の渋谷公会堂、サッカー会場の駒沢陸上競技場、バレーボール会場の横浜文化体育館といった多くの施設が今でも現役で使用されています。

Box1Blog_Photo_160603-05.jpg


明治神宮の隣接地にはもともと大日本帝国陸軍の代々木練兵場があり、終戦を経て連合国軍に接収され、アメリカ軍の団地「ワシントンハイツ」として整備されました。
1961年11月、その3年後に開催される東京オリンピックのための選手村・競技場用地としてワシントンハイツを利用することが決定、同地は日本国に全面返還されることとなります。そして代々木競技場、国際放送センター(現在はNHK放送センター)、渋谷公会堂、代々木選手村(現在は代々木公園)が次々と建てられることになったのです。

また、首都高速道路は62〜64年にかけて中心部の開通が進みましたし、東海道新幹線の開業はオリンピック開会の直前10月1日と、前回の東京オリンピックは、戦後復興の街作りと密接に関係した大イベントであったとも言えます。

武道館は約二年の建設期間で落成が9月15日、代々木体育館も着工から二年弱、突貫工事の末の落成64年9月。旧国立競技場もオリンピックに合わせてスタンドを増築することとなり、脇を通る道路の上に一部被さる形の設計となるなど、いずれも現場の力技での建設となりました。
昔から日本は大きな枠組みの計画の試行錯誤を、現場の柔軟な対応力で解決してきたのかもしれません。


2020年の大会に関しても、弊社業務に非常に関係する話として、メディアセンターとして予定されている東京ビッグサイトが当初の予想を超える期間、半年以上もの長きにわたって占有され、現在日々行われている展示会・イベント等の開催が出来なくなるのではと危ぶまれています。

まだまだ問題・課題は多々あるかと思われますが、それらをひとつひとつ解決していくことで、多くの人にとって開催して良かったと思えるオリンピック・パラリンピックとなりますように。そして、既存・新設の各競技会場がその後の東京の街にとってレガシーとして残され、大規模イベントを開催したノウハウが街全体に共有され、より良い住みやすい街へと変わっていくことが期待されます。



それではまた。
posted by ボックス・ワン at 09:12| Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする