2015年03月02日

JAPAN SHOP 設営

今年もついに始まります。日経メッセ JAPAN SHOP。
今回は設営風景をご紹介いたします。

まずは初日はこんな感じ

IMG_2740.JPG


まだまだ骨組みだけですが、ここから徐々にブースを仕上げていきます。


その前に、今回の主役その1が到着!

IMG_2741.JPG


賢明なブログ読者諸兄はピン!と来てると思いますが、
北澤が紹介していた新しいBOX1の顔が到着です。

そして、主役をこう!!


IMG_2745.JPG



イイ顔です。


そしていつもの安全施工でこうっ!!

IMG_2758.JPG



いい仕上がりです。


細かい部分に最後の手直し。

IMG_2747.JPG


完璧です。


この長い準備期間も無事に終了。
デザイナー馬場。
ノベルティ隊長高橋。
施工軍曹北澤。
厳しかった3人の顔にも、ようやく笑顔が戻ります。

IMG_2753.JPG


明日からついにOPENです。
オクタノルム社の新部材等も用意して、
社員一同で、皆様のお越しをお待ちしております。

以上、現場からリポートTKでした。
!Chao!

IMG_2749.JPG


待ってるよー



posted by ボックス・ワン at 22:25| Comment(0) | 施工現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

IJK ~神戸国際宝飾展~

5/10(土)から丸々1週間、神戸国際宝飾展の設営/OPEN対応の為、同僚の風間と一緒に、神戸に出張に行って参りました!!


初神戸出張と言う事で、かなり緊張しながら挑みました…。


午前中に東京を出発し、午後1には会場に到着しました。
神戸に着いて、余韻に浸る間も無く、ひでの工芸さんと一緒に、墨出しを開始しました!!


少ない人数で墨出しをしたのですが、座ったり立ったりを繰り返す作業なので、
途中から太ももが猛烈に痛くなりました・・・。
ひでの工芸さんはじめ、職人の皆さんは、基礎現場でこんな大変な作業をするのかと身にしみて感じました・・。


ちなみに、今回の初日作業は墨出しだけでしたが、通常の現場では墨出し後にシステムの建てこみをするんです!!
今更ながら、基礎現場ってものすごく体力のいる現場なんですね。


ひでの工芸の某TTに怒られながらも、無事に墨出し作業は完了しました。
とりあえず、初日の感想としては''疲れた''の一言でした。。。。


今回の施工期間は、墨出し作業も含めて4日間ありました。
17時までしか作業が出来ないので、パッケージの建てこみ、外装の建てこみも急ピッチで行われています!!
ですが、皆さん安全に作業してくれています!


IMG_0767.JPG

2日目、3日目と無事に建てこみも完了しました。
時間が無い中での作業でしたが、ひでの工芸さんはじめ、外注スタッフさんが頑張ってくれたおかげですね!


IMG_0772.JPG


施工4日目は、主に出展社さんの対応でしたが、他の展示会とは一味違い、常にバタバタしていました。

備品の追加、パラペット撤去、パネル取付etc....うーん....走りました...(笑)


そんなこんなで、皆さまのご協力があり無事にOPENを迎えました!!
OPEN初日には、神戸マダム社長やセレブ社長と思われる方々が、受付で長蛇の列を作っていました!
お金持ちの匂いがぷんぷんします!!



IMG_0771.JPG


IMG_1959.JPG


IMG_0774.JPG


そんなこんなで、大きな問題も無く、大盛況の中、無事に会期も3日間を終える事が出来ました。


撤去も、事故なく時間内に終わる事が出来ました!!


遠い地での現場と言う事で、大いに不安な事も有りましたが、お客様・協力会社様のお力添えで、
無事に終える事が出来ました。

この経験はきっと、後々のプラスになると信じていますし、プラスにしていこうと思います!!

ご協力頂きました皆さま、本当に有難うございました。


最後に、毎年恒例らしいのですが、記念写真を撮りました!!

積み込み完了時間が、AM1:27でした・・・。

本当にご苦労様でしたー!!


IMG_0784.JPG


posted by ボックス・ワン at 10:34| Comment(0) | 施工現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

赤いストラクターのデビューの日

このプロジェクトの始まりは昨年の9月頃だったと思います。 
フジヤの担当からパースが送られてきました。 デザイナーの羽部さんが描いた赤色のストラクターのプランです。 ストラクターとは20年前頃に、展示会ではかなり活躍していたアルミのトラスの構造体です。
  しかしこのパース、なかなか迫力のあるプランです。 HVAC 2012の日立小間のプレゼン用のパースです。

HVAC-HITACHI-A0926 小林_ページ_2.jpg


最初は金額的にもちょっと無理があるのではないかと半信半疑でしたが、お客さんは大変気に入っているということでした。
 そして12月の初めにほぼこのプランで外観が固まったということが決まり、早速フジヤに打合せにいき、このプランの実現に向けて制作のプロジェクトが動き出します。

 実際にはボックスワン在庫のすべてのストラクターを塗装することとなります。 すぐに横浜のカドワキカラーワークスという粉体塗装を手掛けている会社に12月に出向いて打合せをし、翌年1月中旬に工場に出荷し、約1一週間後にはすべて塗り終わってNUTSに納品されました。

 出来あがった赤いストラクターを検品に行きます。 ところが「やばいっす!入らないっす!、、」 。 
 全体の4割にあたる約1800本のチューブの塗りが厚く、コネクターに入らないことが判明します。 大変焦りました。 そしてNUTSの古郡所長と相談し、塗り終わったすべてのチューブとコネクターを検品し、入らないチューブの両端を削る作業が始まりました。

iphone 001.JPG


古郡所長自ら、グラインダーでチューブの両端を削っています。 本数が多いので気の遠くなる作業に感じられます。 それでも何とか、ひでの工芸さん、サンコウさんの応援もありなんとか現場前には間に合わせることができました。

 そして先週11日の施工初日のビッグサイトの現場風景です。

001.JPG


ひでの工芸の多賀君を中心に30mx15mの小間内に設置する柱の墨だしから始まります。

004.JPG


そして、メインのストラクターの組立て作業です。  天井部と側面部に合わせ約600スパンのストラクターの組立てがスタートしました。 最初は天井の左側の14mx9mの126スパンです。
 検品のおかげで、大きなトラブルはまだ発生していません。 ほっとします。

007.JPG


組立て初めてから約2時間弱、2台のユニック車で両側を吊って6メートルの高さに持ち上げて、その下に6本の鉄の丸柱で支えます。 予定通りに最初の126スパンの天井をお昼までに吊り終えたらお昼です。

012.JPG


午後からの作業風景です。 左側の次は140スパンの真ん中の天井部を吊って左側の天井にくっつけます。
 高所作業なので、なかなかうまく柱の溝に入りません。 柱の精度が要求されるところです。

014.JPG


夕方の5時前です。 最後の右側の天井部を吊りそれぞれの柱に載せています。 天井が終わると、次は正面そして最後に側面部に移ります。 なんとか先が見えてきました。 22時には終わらせる予定です。

018.JPG


 天井部がすべて吊りあがった後は、正面の3スパンと真ん中のHITACHIのチャンネル文字の取付、そして左側の側面部を取付けます。 
 そして21時過ぎ、最後の右側の側面45スパンを天井部に取り付けたら本日のストラクターの作業は終了となります。 

 日曜と昨日の作業も無事に終え、いよいよ本日はHVACのオープンです。

002.JPG


 600スパンの赤いストラクターの存在感に圧倒されます。 どうでしょう?最初のプレゼン用のパースと見比べて見て、見劣りはしていませんか。

006.JPG


正面の下から見上げてみます。 その構造面の大きさが実感できます。

008.JPG


後のバックヤードからの眺めです。 天井全体の大きさと柱の形状がよく解ります。
 
赤く塗った600スパンのストラクターをきっかけに、今後の提案としてはストラクターの復活キャンペーンを実行したいと思います。 せっかく塗ったストラクター、どんどん今後のプランに使ってみよう。














posted by ボックス・ワン at 16:51| Comment(0) | 施工現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする