2018年11月16日

世界水族館会議 アクアマリンふくしま

先日「第10回世界水族館会議」のブース設営に行ってきました!

世界水族館会議とは・・
「水の惑星・地球の未来について考える」世界から40か国以上700人以上の参加者が一堂に会し研究発表や情報交換をおこなう国際会議です。
4年ごとに開催していて、世界各国の水族館で行われています。
前回2016年はバンクーバー水族館で開催されました。

今回の会場は「アクアマリンふくしま」!!!
日本で行われるのは22年ぶりだそうです。(あれ?4年ごとじゃないのかな?)

ブース設営には企画部の馬場さんにも現場に一緒に入ってもらい二人で車で会場まで向かいました!

1.jpeg

到着!!
水族館の入口のとなりには、世界水族館会議の看板が!
渋滞もなく早めに会場に着くことができたのでアクアマリンふくしまの中を見学することに。わくわく

事前にホームページをみてたら、巨大な三角トンネルの水槽がのっていて写真がとってもキレイだったので行ったら見ようと決めていました。

じゃん!

5.jpeg

めちゃめちゃキレイじゃないですか??!
何枚撮っても適当に撮ってもいい感じの写真が撮れます!!

ここで私と馬場さん一番気になったのが、、水槽のアクリルの厚み!
顔を近づけてよーく見ると、、水槽のアクリルがかなり厚いのが分かります。

何ミリくらいだと思いますか??(答えはブログの最後の方で分かります!)

魚ではなくアクリルの厚みを必死にみていた私たちは、周りから変な人達だと思われたでしょう。。

2.jpeg

厚みのあとは、今度は頂点の部分が気になる!
接着や加工の事が気になる・・・

気になりながらもトンネルをくぐって先に行くと、、

「バックヤードツアー」なるものがちょうど開催されるところでした。
水族館の裏側を見せてくれるようです。
時間もちょうど参加できそうだったのでバックヤードツアー行ってきました!

4.jpeg

水族館の裏側を説明していただき、知らなかったこともたくさん知れました!!!
(ここで話すと長くなるので内容は話しません!)

水族館のバックヤードでは、今回のブース設営させて頂いている出展社様の製品がいたるところに使われていました。
ブースに展示はしていますが、実際に使われているところを見るのは初めてで見つけたときはテンションが上がりました!

バックヤードツアーも終わりに近づいたころ
私たちの気になっていたアクリルの厚みが判明!
説明員の方が教えてくれました。

厚みは、、350mm  だそうです!
(一体いくらするんだろう・・)

疑問が分かってスッキリして、ブースの設営は何の問題もなく終えられました。

今度は海外の水族館に行ってみたいな。


営業部 高橋かおり

posted by ボックス・ワン at 21:54| Comment(0) | 施工現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: