2020年07月10日

有明ガーデン

ブログをご覧の皆様、こんにちは
ボックス・ワン かみながです。

今回は、営業推進課+企画のメンバー6名で『有明ガーデン』を訪問しました。
目的としては、最新施設のコロナ感染対策を視察する、ことです。
(けっして、楽しくショッピングをしていたわけではありません)

まず、施設について簡単にご紹介します

有明ガーデンは、2020年6月17日にグランドオープンした大型ショッピングセンターです。
敷地内にはイベントスペースや劇場型ホール、露天風呂付温浴施設があり、
今後もホテルやパーク、劇団四季劇場が順次オープンする予定となっています。

立地としては、東京都江東区有明2丁目にあり、
電車で行く場合「りんかい線の国際展示場駅」または「ゆりかもめの有明駅」
が最寄駅となります。駅からは歩いて5分程で敷地に到着します
有明ガーデン視察☆71_200710_24.jpg
有明ガーデン視察☆71_200710_48.jpg
有明駅側から見ると、高層マンションが3棟ありその奥に見える施設です。
マンションが大きすぎてほとんど見えませんが、有明ガーデンは大きな施設です

ちなみに、有明ガーデンと3棟の高層マンション[シティタワーズ東京ベイ]は、
住友不動産が国家戦略特区 大規模複合開発としてまとめて行っているもので、
同じプロジェクトとして羽田エアポートガーデン(開業延期中)も進めているようです。

では、本題にはいりたいと思います。

有明ガーデン入り口
施設入口の扉は開いたまま固定されており、換気・ソーシャルディスタンスもばっちりです。
有明ガーデン視察☆71_200710.jpg有明ガーデン視察☆71_200710_0.jpg有明ガーデン視察☆71_200710_54.jpg
入口扉を入ると、消毒用アルコールが間隔を空けて多数設置されていました。
更に進んでいくと、体温の計測が可能なカメラに大型モニターを繋げた機器2台が設置されていました。

こちらはカメラに映った人物の体温を頭上に表示し、来店者がその場ですぐに確認できる仕組みで、ほぼ正確な数字となっていたので機器の精度の高さに感心しました

上記のカメラ+モニターのセットは高額な機器だと聞いていましたが、
施設のほぼ全ての入り口・中央広場に設置されており、感染対策への施設側の強い思いが伝わってきました。

また、施設内には、感染対策への協力を呼び掛けるサインが多数確認されました有明ガーデン視察☆71_200710_44.jpg有明ガーデン視察☆71_200710_4.jpg
有明ガーデン視察☆71_200710_6.jpg
有明ガーデン視察☆71_200710_17.jpg
3枚目の画像は少しわかりにくいですが、エレベーターの使用を控えてエスカレーターの利用を推奨する内容でした。
フードコートでは、サインの掲示と共に机が1列間引かれており、通常よりも通路がゆったりとしていました。

また、足元サインについても色々な種類がありました
有明ガーデン視察☆71_200710_46.jpg
有明ガーデン視察☆71_200710_32.jpg
有明ガーデン視察☆71_200710_11.jpg有明ガーデン視察☆71_200710_30.jpg有明ガーデン視察☆71_200710_7.jpg
よく見る丸型タイプのもの、間隔をとることを推奨したもの、駄菓子店では子供の小さな足跡、等、各テナントで工夫されていました。飲食店のフロアでは、店舗外に待機列となる多数のサインが設置されていました。

また、エレベータ内は4隅に向かってサインが貼られており、実際に指示通り立ってみると、
有明ガーデン視察☆71_200710_35.jpg
このように、知り合い同士で乗り合わせてもまるで仲の良くない光景となりました。

その他、接触を少なくする為の工夫を2点見つけました
1つ目はいくつかの店舗に設置されていた、消毒アルコール(足で踏むタイプ)です。
有明ガーデン視察☆71_200710_26.jpg
消毒ボトルに触れることなく、使用できる為とても良いと思いました。

2つ目は、コロナ対策だけではないかと思いますが、
専用のスマホでスキャン・決済できる「レジゴー」という機器です。
有明ガーデン視察☆71_200710_13.jpg
こちらは来店者が買い物中にバーコードを読みとり、専用のレジで決済をする為、
店舗スタッフとの接触がありません。

専用のスマフォは使用済み・消毒済み(未使用)と分けて置くようになっている為、
衛生面も考慮されていました。


今回、『コロナ対策を見る』目的で施設を訪れたことで、
発見したことや考えさせられることが多々ありました。

弊社の本業である展示会の分野でも参考にできる部分は取り入れて、
関係者および来場者の安全を守って、展示会が開催されていくよう尽力していきたいと思います
posted by ボックス・ワン at 13:16| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする