2016年12月21日

2016年 社員旅行

平成28年度 株式会社ボックスワン
社員旅行ブログ
営業1課 佐藤 貴博
IMGP6536.JPG
厳寒の候、皆様はおかわりなくお過ごしでしょうか
今年も残すところあと少しですね。
やはり年末の締めは紅白歌合戦でも除夜の鐘でもありません。
ボックスワン社員旅行ブログですよね。
 
今年も一年色々なことがありました。
元プロ野球選手の逮捕や国民的アイドルの解散、センテンススプリングからPPAPまで。
そういえば今年の漢字は「」だそうです。
リオデジャネイロ五輪での金メダルラッシュや、政治と金に絡む問題が次々に浮上したこと、
世界的に有名になったピコ太郎の衣装の色等が考慮されたようです。
 
ちなみにわたしの今年の漢字は「」です。
  
突然ですが皆さまは尿管結石というものをご存知でしょうか?
世界三大激痛の一つ「尿管結石
そんな折、先日わたし尿管結石見事当選いたしました
ぉめでとぅ〜ってなもんで見事に当選しました。
その破壊力といったらもうわたしの想像を遥かに超えました
 しかも間の悪いことにわたしの結婚式当日の早朝でした
真夜中の3時半くらいに突然背中に激痛が走り目が覚めたんです
その激痛は5分経っても10分経っても納まる気配もなく・・
体勢を変えれば楽になったりするんじゃないかと思い
うつぶせになったり、体育座りしてみたり、M字開脚をしてみたりと、
色々と体勢を変えてみましたが全くよくなる気配がありません・・・。
もう痛くて痛くて岸にあがった魚🐟のごとくビッチビチ状態です
まさに「イワシになった人」状態です。
 
きっとこれは神が与えた独身最後の試練なのでしょう
ですが今日は一生に一度の結婚式。こんな状態で式に臨むわけにはいきません。
まずは痛みを紛らわすために、ゴルフの素振りをしてみたり、熱湯風呂に入ってみたり、
エロ画像を見てみたりしてみましたが全然ダメ!
あまりにビッチビチしていたのでさすがに寝ていた嫁(現在)が異変に気付いて目を覚まします。
 
「腰が痛い腰が痛い腰が痛いよぅ!」
 
と、嫁に必死で訴えかけましたが嫁はうつろな目でわたしを見ながら
 
「メンタル豆腐かよ」
 
そう言い放って二度寝してしまいました・・・。 
 
それから30分ほどたったでしょうか
激痛に悶えビッチビチしていたら、さすがの嫁も只事ではないと悟ったのかようやく心配してくれました。
どうやら嫁はマリッジブルーだと思っていたようです。
(よかった・・・!信じてたぞ嫁
そして嫁がすぐさま救急車を呼び、わたしは病院に運ばれましたが、お医者様の尽力もあり
なんとか無事に予定通り結婚式を挙げることができました。
 一生忘れられない一日となることでしょう。
 
 
 
さて、突然話は変わりますが今年も我がボックスワン一同は社員旅行に行ってまいりました。
今年は一家の大黒柱になったということもあり、例年とはうって変わり、大人びた記事にしていきたいと思います。
大人びた記事ということで一応18禁ですのでお子様の目の届かないところで閲覧頂ければ幸いです。
2121.png
 
 
 
毎年予想の斜め上をいく我が社の社員旅行の行先ですが、今年はなんと青森県です。
私の故郷でもあります! 
今年もしっかり斜め上ですね。
 
青森県と言えば日本の本州最北端であり、全国都道府県 魅力度ランキングでも17位という
なんとも絶妙な位置をキープしているところがなんともいえない愛らしい県でございます。
魅力度ランキング.jpg
※ちなみに()内は去年の順位です。
 
青森県は昨年25位⇒今年17位と年々人気が増しているのがわかりますね。
北海道は毎年不動の1位です。
いつか抜いて見せるぜ北海道! 
 
 
ひとまず東京駅から新幹線に乗ります。
IMGP6531.JPG
手前のエメラルド色の新幹線が東北新幹線(はやぶさ)です。
 
 
なんとも言えないフォルムです。
早速アダルト臭がしてきました。
3時間半ほど新幹線に乗り、無事に新青森駅に着きました。そこで昼食です。
 
写真 2016-12-18 13 25 20.jpg
これ俺が育てた玉ねぎなんだぜ、と嘘をつく番場さん
 
今年もブレずに一年間小さい男を貫いた番場さんに感無量です。
 
昼食後は新青森駅からバスに乗ること約1時間、目的地は「弘前(ひろさき)」です。
弘前というと知ってる人も少なくはない青森の秘境です。
春には全国でも屈指の桜の名所として日本さくら名所100選
人と自然が織りなす日本の風景百選に選ばれている「弘前さくら祭り」が開催されます。
夏になれば弘前ねぷた祭り開催され、海外からも多くの観光客が訪れます。
そんなこともあり青森県の魅力度ランキングに大いに貢献している、まさに青森の秘境が弘前なのです。
しかしながら今の季節は冬・・。特にイベント事があるわけでもなく、目の前に広がるのは雪雪雪・・・
しかし今回の社員旅行の目的はそんな浮かれた観光なんかじゃありません。
真の目的はあの「弘前中央高校」。あの「弘前中央高校」です。
え?知らない?
あの「弘前中央高校」を知らないって?
はぁ.png
はぁ?
 
 
弘前中央高校」といえばあの世界三大激痛に耐えたわたしの母校ですよ!!!!
しかしながら誰になんの許可も得てないので裏門でコソコソと記念撮影です
IMGP1168.jpg
ここが我が母校の裏門です。無許可全快で撮影してますが意外と笑顔がチラホラ見えますね。チラホラ・・・。
 
とりあえず目的の写真撮影をし終えた一行はサツに通報される前にすぐ近くの弘前公園へと移動です。
弘前公園、弘前市の中心部に位置する、総面積約49万2000平方メートルにも及ぶ巨大な公園です。
map_01.jpg
ちなみに弘前さくらまつりはこの公園で春に開催されます
4月後半が見頃なので一度皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか。
上野公園の桜なんて鼻で笑っちゃうくらいに桜花爛漫してます。
 
さらにこの弘前公園には弘前城というお城があります。
せっかくなので真ん中の天守閣目指してヒァウィゴーです。
スタスタスタスタ
IMGP6535.JPG
どーん
白い雪でお城がより一層映えて見えますね
IMGP1204.jpg
ここでも記念撮影です
左端にはカメラに向かってなぜかカメラを向けるうっかり八兵衛もいますが
これは昨年の社員旅行で行方をくらました馬場さんです。どうやら無事だったようです
そして下の写真は弘前城のお堀の石垣の写真です。
写真 2016-12-18 15 33 26.jpg
なにやらお堀の石垣に大量の付箋ようなものが張り付けられています
折り返しTEL という付箋がいたるところに貼ってあるのでしょうか。
留守が多い殿様だったようです。
IMGP6534.JPG
そしてこちらは今回同行していただいたスタッフさん達です。
右から、昨年も同行していただいたツアー会社のOさん、
中央はバスガイドさん。
そして一番左はおそらく宮川花子です。
バスガイドに扮してますが,アプリの「真実を映すカメラ」を起動して覗いて見ると一目瞭然です。
宮川1.jpg
 
そしてしばらく園内を散歩していると、
 
写真 2016-12-18 15 45 52.jpg
意識がもうろうとしている吉田課長を発見。
 
どうやら誰かが発見してくれるまでひたすら待っていたようです。
皆を楽しませるために涙ぐましい努力です。
もう少し発見が遅れていたら我が社は重要な社員を一人失うところでした。
その後も顔出しパネルに続々と吸い寄せられる大人達。
しかも皆我が社の重要ポストばかり。
IMGP6543.JPG
左からフォルムズ島さん、江野次長、西村部長です。
江野次長にいたっては顔出しパネルに入れなかったのか少しスネ気味な様子。
 
 
 
写真 2016-12-18 15 50 49.jpg
こちらはデザイン部室長 加藤課長。持ちですがこれまた重要人物です。
 
 
写真 2016-12-18 15 46 00.jpg
そして重要人物の番場です。
 
 
ひととおり弘前公園を周り、本日の宿「グランメール山海荘」へ向けて出発です。
 
 
 
 
 
ホテルに到着後1時間ほど休憩し、夕食のお時間です。
写真 2016-12-18 18 40 39.jpg
青森でとれる自然の食材をふんだんに使った海鮮料理です。
 
 
食事を楽しんでいると、毎年恒例の新人の出し物が始まりました。
 
 
 
 
 
写真 2016-12-18 20 23 05.jpg
今年結婚をした私達と小路夫妻のために新人達が恋ダンスを披露してくれました
 
足フェチのわたしは矢田君のスリムな足に(*´Д`)ハァハァしてました。
 
ちなみにピコ太郎を演じているのは、去年退社して今年再入社するというよくわからない偉業を成し遂げた
倉庫勤務の若林さんです。なので新人として再度出し物をやる羽目になっています。
もしかしたら出し物をやりたいがために一旦退社して出戻りしたんじゃないか説まであります。
 
 
 
 
写真 2016-12-18 19 26 26.jpg
幹事もよくわからないけど頑張ってました。よくわからないけど。
 
 
 
 
 
 
そしてしばらくの間ご歓談を満喫していると、ホテルのスタッフさんがねぶた祭り音頭を教えてくれました。
 
 
 
IMG_0690.jpg
ラッセラーラッセラー
ラッセラーラッセラー
ラッセラッセラッセラー
 
 
 
このリズムは青森生まれ青森育ちダメそうな奴は大体友達の私にとってはとても馴染みのあるリズム♪
 
 
 
社長も軽快な動きで踊っています
 
 
 
 
 
 
 
IMG_0693.jpg
NUTSの皆も意外と皆楽しそうです
 
 
 
 
  
そして誰よりも軽快なリズムでビートを刻んでいたのは一番奥のこの男
IMG_0691.jpg
OSAMU TAKAHASHIです。
 
 
 
 
 
誰よりも軽快に、誰よりも高く、誰よりもキレのある足さばきでぴょんぴょんぴょんぴょん飛び跳ねていました。
 
よほど気に入ったのか宴会が終わっても一人で朝方までずっと踊っていたそうです。
 
 
この時の後遺症なのでしょうか、今でもねぶた音頭を耳にすると体が勝手に動くそうです。
皆さんも一度彼に会った時はラッセラー♪ラッセラー♪と言ってみてください。
ダンシングフラワーのように踊り出しますので
 
 
 
 
 
 
宴会のあとはロビーで津軽三味線に耳を傾けます。
癒されますね(*´Д`)ハァハァ
IMGP1352.jpg
 
 
 
 
 
そして夜は各々の部屋でまったり過ごします。
 
 
 
私達は部屋でトランプしたり、枕投げをしたり、好きな子の名前を言い合ったりと
思春期の修学旅行みたいなことをしながら床に就きました。
 
 
 
そして翌朝
 
 
 
 
ホテルを出発し、一行が目指すは太宰治記念館です。
IMGP1624.jpg
太宰治記念館は実際に太宰治が幼少期から青年期にかけて生まれ育った家をそのままの形で残しています。
 
太宰治とは・・・以下wikipedia参照
日本の小説家で、自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。
没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。
主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。 
太宰治は高橋修とは違い、繊細な感性を持ちながらも卓越した頭脳と知識で文章を作り上げる天才である。
 
 
中は当時にしてはとてもゴージャスでお金持ち感が溢れています。
IMGP1552-Pano.jpg
 
 
 
 
 
 
 
太宰治に負けじと弊社のOSAMUは粗探しに必死です。
IMG_0715.jpg
天井に穴が開いてないか入念にチェックしてます。
 
 
 
 開いてねっつーの
 
 
 
 
 
IMG_0721.jpg
注意書きがあればそれに逆らおうとします。
 
 
 
 
  
 
恥ずかしいからやめてください
 
 
 
一番奥の部屋には意味ありげなお札が貼ってありました。
IMGP6550.jpg
この文字の中に太宰治の代表作である「斜陽」という文字が書かれているそうですが
達筆すぎてどこにあるかさっぱりわかりません(´;ω;`)ウゥゥ
 
 
 
 
 
 
 
そして太宰治記念館を満喫したあとはストーブ列車体験です。 
 
 
 
 
 
IMGP1703.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
一見中は普通の列車に見えます。
IMGP1653.jpg
 
 
 
 
 
 
 が、しかし!!!!なんと!!!!
 
 
 
 
 
IMGP1697.jpg
 
真ん中にストーブが!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(´・ω・`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
な、なんか文句あんのかコノヤロー!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だから何?とかいってんじゃねーよ! 
  
 
 
  
 
 
 
 
 
ポカポカなんだぞコノヤロー!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
席が近い人だけだけど・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
なんか皆そそくさと帰っていきます・・・。
IMGP1714.jpg
 
 
 
 
 
ふと横を見ると社長が「両手に花」体験をしてました。
IMGP1731.jpg
一体いくら払ったんでしょうか。お金持ちっていいですね。
 
 
 
その後はお土産屋さんです。
 
 
 
 
IMGP6571.jpg
 
 
IMGP6572.jpg
りんごの良し悪しもわからないくせにブツブツいいながら吟味してます。
 
 
 
 
 
 
アホです。
 
 
 
 
 
 
外にツアー会社のOさんがいたので写真を撮らせてもらいました。
IMGP6553.jpg
今年もキャワイイですなぁ(*´Д`)ハァハァ
 
 
 
 
 
かわいいから写真も大き目に載せちゃう(*´Д`)ハァハァ 
 
 
 
 
電話番号聞いちゃおうかな・・・(*´Д`)ハァハァ
 
 
 
 
 
IMGP6556.jpg
辻さん「あれ、Oさん指輪してるやん」
 
 
 
( ゚д゚)ハッ!
 
 
 
 
IMGP6555.jpg
Oさん「実は今年結婚しまして・・・」
 
 
 
 
(´;ω;`)ウゥゥ
  
 
 
(´;ω;`)ブワッ 
 
 
 
 
一気に意気消沈して海に飛び込もうとした私を馬場さんがやさしい言葉をかけて引き留めてくれました。
IMGP6558.JPG
持つべきものは友達ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
まぁなんだかんだ言って今年の社員旅行は青森らしいまったりとした時間を過ごせました。
 
青森は私の生まれ故郷ですが意外と知らない場所がたくさんあったので勉強になりました。
 
逆に地元にいるからこそ行かないんでしょうね。
 
外から見た青森はのどかで落ち着いた独自の時間が流れているような気がしました。
 
是非皆さんもご旅行に行かれるときは青森にきてはいかがでしょうか。
 
グアムやハワイに負けないくらいゆっくりとした時間が過ごせると思いますよ!
posted by ボックス・ワン at 15:52| Comment(0) | 会社行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

東京フジヤ会・ボウリング大会

みなさんこんにちは。
去る12/9、東京ポートボウルさんにて、
毎年恒例の東京フジヤ会ボウリング大会に参加させて頂きました。

DSC_0409.JPG

3人1組で2ゲームずつ投げ、個人スコアで優勝を争います。
最高スコア250を誇る僕でしたが、3投目くらいで腕に違和感を感じ
足の故障も重なって散々な結果でした。


2ゲームとも100越えず。
筋肉痛ばりばりです。

DSC_0410.JPG

ストライクを出せば景品が貰えるタイムとかもありました。
左が僕のレーン。

そんな感じなのでボウリングは置いておいて、懇親会に行きましょう。

!cid_15906257f7b37d1841b2.jpg

東京フジヤ会の会長さんの挨拶に始まり食べて飲んでのパーティーです。
筋肉痛のため、乾杯のビールを右手で持てませんでした。
多くの方が集まる貴重な機会ですので、有意義な時間を過ごさせて頂きました。
来年のボウリングに向けてトレーニングも始めました。
もちろん次も僕が行きます。

関係者の皆様ありがとうございました。

posted by ボックス・ワン at 15:55| 会社行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FORMZ日記

こんにちはゴトウです。
みなさん今年はいかがでしたでしょうか?12月のフォルムズ、相変わらず忙しくバタバタしています。
先日はエコプロ、まちてんの仕事へ。。。。。。。
 12月ブログ写真.jpg
この特大メニュー親方の造作なんですが、とにかくでっかい。
とても存在感がある仕上がりになっています。
12月ブログ写真4.jpg
あとはこんな感じの製作を行っていました。
モニターもただ壁につけるだけじゃなくてこんな見せ方もできるんですね。
そしてついに・・・・・・・・・・・・・
12月ブログ写真3.jpg
これは・・・・・・・・・・・・・・・??!(ゴクリッ) FORMZパーカーできました(ババンッッ)
12月ブログ写真2.jpg
エコプロにて初お披露目です。モデルは染谷さんです。
本日は全身ブルー系でまとめてます。足長い(いいなあ) 現場にてこのパーカーを着てこれからますます。
フォルムズの存在感をアピールしていけたらと思います。
そして前回のブログにて
ブログ写真.jpg
こんなものを見せたと思います。
そう斜めパネルのミニチュア版。
大工の嶋さんの造作ですがどうなるかと言いますと まずパネルをいつものように組み立てていき
12月ブログ写真5.jpg 12月ブログ写真6.jpg
斜めパネルにするために裏に人形を入れます。
なんだ!!普通のパネル建てているだけじゃん!!!って見えるかもしれませんね。
12月ブログ写真7.jpg
そして起こしてみる。
おおおおお・・・・おおお??? 写真ではわかりづらいのですが確かにすごい斜めってる!! 倒れてこないのか!!!!って心配になってしまうくらいですが 安心してください、ウェイト入れてますよ(これ絶対滑ってますよね)
12gatu.jpg IMG_1213.jpg
非常用出口をのまっすぐな扉を見ていただければわかると思いますが こんな感じで3m級のパネルが斜めに立っています。
だからなんなんだって思うかもしれない人もいらっしゃるかと思ういますが いいですか これを作るまでに 木の重さ、角度によって変わる重心の変化、 図面から読み取って等身大のサイズにした時の あらゆる計算をしなければこの斜めパネルは建てないのです。
どうやったら求められる角度で倒れないパネルを実現するのか。それを具現化するのがフォルムズの大工さんなんですね。
皆様も是非ブース作り・木工造作の際はフォルムズまでご相談ください!!
それでは少し早いですが今年一年ありがとうございました! 来年も宜しくお願いします!!
また来年、幸せ溢れる素敵な一年を!!!!!!
posted by ボックス・ワン at 14:55| Comment(0) | 会社行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする