2016年04月26日

〜休日〜

4月1日

新年度初日

新しい1年に弾みをつけたい

1年の内で大切な時期

そんな大切な日に決起大会が行われ、その際社内スローガンの発表がありました。


「こころ・はずむ・ブースへ 喜びをレイアウトしよう ボックス・ワン」


応募総数57点の中から最優秀賞をいただきました。






賞金もいただいたので、美味しいお蕎麦でも食べに

休日に調布にある深大寺へ行って来ました。



深大寺とは
深大寺界隈(かいわい)は週末ともなれば、寺をとりまく自然や、名物の深大寺蕎麦にひかれ、家族連れ、老若男女で大いに賑わいをみせます。
蔵野の面影を残す深大寺周辺は、昭和三十六年に開園した隣接の都立神代植物公園とあわせて都人好個の散策地、憩の場所として有名です。

20160426-1.jpg


自然に囲まれ。


20160426-2.jpg


有名な深大寺のお蕎麦屋さん。


20160426-3.jpg


20160426-4.jpg


20160426-5.jpg


20160426-6.jpg


20160426-7.jpg


20160426-8.jpg



業務に追われがちな毎日・・・


休日に、知らない土地に出かけ

美味しい食事、美味しいお酒も良いもんですね。



こころ、はずむ、休日・・・



あなたも過ごしてますか?


良い休日を。

posted by ボックス・ワン at 16:41| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

平成28年度 決起大会

先日、4月1日より弊社は28年度を迎えることとなりました。


新年度を迎えるにあたり、恒例となっていますホテルイースト21での決起大会が開催されました。


本年もまずは、役員による新年度の挨拶からです。
【社員一同、静かに話を聞いています。】
名称未設定 1.jpg


続いて、所属長による挨拶です。
今年度の各課の年間計画が発表されます。
【ここでも、まだ緊張感漂う真面目なムードです。】
2.jpg

3.jpg



そして、今年から新たなボックスワンのパワーになる新入社員による挨拶と意気込みの発表です!!!
【ようやく和やかな雰囲気に。新人さんはがっちがちに緊張してました。頑張れっ!!!】
4.jpg


また、私と同じ課の牧野は今期からしばらく産休に入ります。
【頑張れママさん!!!
落ち着いたら、また一緒に仕事しよう!】
5.jpg


続いて、永年勤続賞です。
今回は岡さんと長田さん2名の受賞となりました。
【永年勤続賞、私も狙っていきます!】
6.jpg


そして、誰もがほしい「社長賞」の発表です。
今回は、プロジェクトチームでの受賞となりました。
【何気に辻さん、2年連続の賞金王です。羨ましいー!】
7.jpg


そのあとは、みんながお待ちかね
今期のスローガンの発表です。
今回は昨年の応募数を上回る57点!!

ここで選ばれたのが
「こころはずむブースへ 喜びをレイアウトしよう ボックス・ワン」
葛西さんの作品でしたー!!!
【2次会が楽しみっす!ごちそーさまっす!!!】
8.jpg


そして、いよいよ祝宴に移ります。
今年も乾杯の音頭は田中会長。
【カンパーイ!】
9.jpg


10.jpg


会食も進み、お酒も進んできたところで
今年もお願いしました。
ミスター沖縄!具志堅さんによる三線コンサート!!!
11.jpg


だれもが癒されたことでしょう。


そして、もう最後の恒例となっている。
私達、栄和会によるビンゴ大会!!!

これが、大盛り上がりです。
盛大な景品の数々!
筋肉パワーでビンゴを回す、副会長大森!
魅惑な手つきでホワイトボードに数字を書く、副会長増田!
ただただ、番号を読み上げていく、会長風間!






・・・、が
栄和会揃って、張りきり過ぎたのか自分たちの登場シーンを写真に収めるのを忘れてしまいました。。。
無念!!!
ただただ無念です!!!

そんな、盛り上がったビンゴ大会も終わり津久田部長による三本締めにて、閉会となりました。
最後は記念撮影です。
名称未設定 1.jpg


平成28年度もボックスワン&フォルムズ一団となって、皆様に喜んで頂ける仕事をしていきます。
今期もどうぞ宜しくお願い致します。


栄和会
会長より


posted by ボックス・ワン at 16:23| Comment(0) | 会社行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

ディスプレイツールのこれよいね!その2

こんにちは。
企画部の馬場です。
前回ではテンションファブリックの紹介をしましたが、今回は展示会でよく使われる素材の組み合わせによる効果を紹介していきたいと思います。

わたしたちの会社は展示会・イベントの設計・施工を業務としています。なかでもシステム部材に関しては在庫量・取り扱いのノウハウなどメイン商材といえるのはご存知の方も多いと思います。この背景があることで考案した手法ともいえます。

デザインのリクエストでよくあるものは「安くていいものを!!」
この難題は予算によってデザインの幅はどうしても制限されてしまうので、限られた予算内で最大限のパフォーマンスを求める費用対効果を追求するデザインになっていくかと思います。

そんな中でよくある運命の分かれ目が、木工でつくるか?システムでつくるか?
という選択です。

それぞれに素材としての良し悪しもありますが、費用ではリースで造作できるシステムがやはり勝ります。そこでシステムに一手間加えることで木工に近い仕上がりが可能な方法があります。

すごくシンプルですがマキシマライトのフレームと塩ビ板という二つを組み合わせるだけです。塩ビ板の単価は1mm厚であれば表具の平米単価とそんなに変わりません。そして取り付けは両方とも接着しやすい表面粗さのものなので簡単に取り付けが可能です。仕上がりとしてはマット、グロスのどちらも可能ですが、色物に関してはシート貼りになります。ただし軸はシステムなので、木工と違いサイズの規格寸法があるのと、細かい意匠のものには向かない点があります。

20160405_01.jpg

展示台_マキシマライト40角
    腰面:白塩ビ板
    トップ:乳半アクリル(内照天板)


20160405_02.jpg


20160405_03.jpg

看板ボーダー_マキシマライト80角
       腰面:黒塩ビ板+出力シート貼り


意匠を構成する要素としての素材は組み合わせ方ひとつでも、とてもコストパフォーマンスに優れた活用を見出せると感じているこのごろです。
posted by ボックス・ワン at 10:00| Comment(0) | 施工実績紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする