2017年07月19日

ポートメッセ名古屋

皆さんこんにちは。
営業1課3人娘の次女Mです。
最近は暑い日が続いておりますが、体調は大丈夫でしょうか?

6月末にとある展示会の基礎工事でポートメッセなごやに行ってきました。

ポートメッセなごやとは・・・
”名古屋港金城ふ頭にある中部地区最大規模の国際見本市会場、名古屋市国際展示場(愛称:ポートメッセなごや)。昭和48年11月開館” (公式HPより)
ポートメッセ.jpg

電車ではあおなみ線の金城ふ頭駅が最寄り駅となります。
最近は右隣の駐車場だった部分にレゴランドが出来ましたね。
上空から見て真ん中の建物が正面入り口で2号館と3号館を繋いでいるエントランスロビーがあり、交流センターがある棟です。
丸い会場は1号館。
今回使用したのは2号館と3号館になります。

まずは2号館の内部。
2号館.JPG

上空から見て右側の茶色い建物です。大きさとしては中規模くらいでしょうか。

3号館の内部
3号館.JPG

2号館に比べ広々としております。
上空から見ると左側の建物になります。

2号館、3号館とも床がコンクリートになっており、レベルが少々よくない所があります。
またアンカーの処理ですが、ビッグサイトと同じで切断をして先端は埋め込んだままにしておきます。
(もし引き抜いてしまった場合は、施設の方から補修材(粉末のコンクリート)をもらい、それをひたすらハンマーで叩いて固めて穴を埋めます。)

そして皆様が気になっているお食事事情🍴
食事2.JPG食事1.JPG

館内で主に営業しているのはこの2ヵ所(たぶん)。
コンビニは駅にしかないので、コンビニで買いたい物がある時は来る途中で買ってきた方がよいと思います。

その他にポートメッセの特徴としてはホール内に自販機がある部屋があるのですが、なんと!その中はクーラーがついています!!
他の展示会の時も付いているかは分からないのですが、私が毎年行っている現場ではついています。

現場に入ったことのある方なら分かると思いますが、夏・冬共に設営/撤去時は館内の空調が入れられていないことが多いです。
休憩時だけでも涼める場所があることの素晴らしさ。私はポートメッセでそこが一番好きです。


話は変わりますが、せっかくなので名古屋のことについても少し触れてみたいと思います。
皆さん、名古屋で有名なものと言えば何を思い出しますか?
名古屋城?手羽先?味噌カツ?ひつまぶし?・・・違います!この方です!!
DSC_0664.JPG

この方を知っていたあなたは相当の名古屋通とお見受けします。
この方は旧日本兵の生き残りとして生存されている通称「軍曹」さん。
(すみません、ウソです💦)
ですが、軍曹さんが名古屋で有名人だというのは本当です。
この業界にいて軍曹さんを知らない人はモグリと言われます。

知らない方の為にご説明しますと、軍曹さんは展示会の設営を手伝ってくれる作業員の一人です。
皆様、名古屋に行った際、軍曹さんをお見かけしましたらぜひ話し掛けてみてください。
その他に、空き時間で訪れた名古屋の名所をチラりとご紹介します。

熱田神宮
編集.jpg
楠.JPG

あつた蓬莱軒
DSC_0668.JPG
DSC_0667.JPG

名古屋港水族館
DSC_0679.JPG
DSC_0702.JPG
DSC_0793.JPG
DSC_0755.JPG

だいぶ駆け足で訪れてしまったので少しもったいなかったのですが、どこも素敵な場所でした
皆さんも名古屋を訪れた際はぜひ!


今年の現場も大きな問題もなく終われたのでよかったです。
いつも助けて頂いている業者の皆様ありがとうございました!


posted by ボックス・ワン at 17:30| Comment(0) | 施工現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

シンメトリーとビッグサイトと

皆さんこんにちは。
企画部の伊藤です。

日々ディスプレイ・デザイン業務に携わる中で、様々なデザイン上の構成要素に触れています。
今回はその中のひとつ、最もシンプルで安定感のあるかたち「シンメトリー」を取り上げてみたいと思います。


シンメトリー 【symmetry】
@ 左右の大きさ・形・色などの釣り合いがとれていること。対称。均斉。
A ファッションにおいて,左右対称の形状。 → アシメトリー
(三省堂 大辞林より)


日本のイベント・ディスプレイ業界において、また弊社の業務においても非常に重要な施設である東京国際展示場。ビッグサイトの愛称で親しまれていますが、そこでも意匠デザインとしてシンメトリーの要素が多数存在しています。それらをいくつか例を挙げてご紹介します。


まずは、ビッグサイトといえば逆三角形が印象的な会議棟。

12392551-2.jpg

多くの方が東京ビッグサイトと言われて思い浮かべる、まさにビッグサイトを象徴するデザインです。ここは小さな三角形が集まって全体として非常に大きな逆三角形を形作っています。展示棟へと急ぐ足を少しだけ止めて、視線を上に向けて観察してみるとそれがよく分かると思います。


次に、西と東の展示棟を結ぶ連絡ブリッジと呼ばれる通路。

27682949-2.jpg

この幅広の通路は、実はゆりかもめの軌道が上を通っており、どうしても天井高を抑えなければならなかったのですが、通路中央に天窓と大きな三角形の照明を連続して配置し、来場者に圧迫感と長さを感じさせない設計になっています。


続いて、西展示棟アトリウムの床タイル。

39920840-2.jpg

モノクロタイルを組み合わせて描かれた幾何学模様は、会議棟を真下から見上げた時の様子を表現したもの。広い面に展開していますのでアイレベルではなかなか全体像を把握しにくい意匠ですが、西3・4ホールのある4階から見下ろすとよく分かると思います。


最後に、会議棟の真下、ビッグサイト正門前から西のお台場方面を見た景色。

39920352-2.jpg

これはイベント終了後、会場退出時に見ることになる景色です。夕焼け空を背景に、見事なシンメトリーの世界が眼前に広がり、個人的にもビッグサイトの好きなスポットのひとつです。


いかがでしたでしょうか。東京ビッグサイトの中に隠されたシンメトリー。
そこかしこに細かな意匠が散りばめられていました。展示会会場として、自己主張し過ぎない意匠でありながらもシンボリックな躯体を持った素晴らしいデザインだと、来る度に思いを新たにする。そんな東京ビッグサイトです。

それではまた。


東京国際展示場 愛称「東京ビッグサイト」
設計:株式会社佐藤総合計画
施工: 株式会社間組(現・安藤ハザマ)
竣工:1995年10月
posted by ボックス・ワン at 09:26| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

FORMZ日記

お久しぶりです。ゴトウです。

気がつくと梅雨が始まりそろそろ暑い暑い夏がやって来ますね。

暑いのが大の苦手な私ですがアイスをたくさん食べて頑張りたいと思います。







さて最近のフォルムズですが今月も製作や現場でバタバタしていました。

FullSizeRender-3.jpg






図面と睨めっこ中の親方です。

次から次へと発注がある中今日は机の上にやたらと器材が置いてありました。



FullSizeRender-4.jpg



FullSizeRender-2.jpg






近隣の工業高校の見学会だったそうで

ちらりと見えた高校生達がフォルムズのこと、展示会業界のこと、器材について熱心に親方の話を聞いていました。



日頃お仕事でご一緒する業者の方やお客様以外にも、

近所の工場や高校の方々への丁寧な対応。木工のことはもちろん、

人付き合いにおいても見習う点がいくつもあって、

親方の元でまだまだ勉強すること・吸収するものがたくさんあることに改めて気付いた一日でした!!




それではまた次回!!!


posted by ボックス・ワン at 14:42| Comment(0) | 会社行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする